読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン実習生派遣とアレコレ

フィリピン技能実習生派遣にまつわる雑感です。外国人労働者との関わり、アジアビジネスについても記します。

日本水準の輸出

cebusurvive.doorblog.jp

 

私が愛読するセブ在住日本語教師、モトボサツさんのブログ。

お会いしたことはないのだが、文章が非常に秀逸でなおかつ洞察が深い。元在住者として思わず膝を打ってしまう。まだ読んでない方はぜひご一読頂きたい。

 

さて、上記の話は日本で働いていたフィリピン人が帰国後に車のエアコン業を立ち上げ、日本式サービス導入して成功しているという話だった。

 

このフィリピン人が日本で働いていた期間が3年のため、技能実習生で渡航していたと思われる。ちなみに産廃業者で働いていたらしいが、制度上、産廃業は実習生を受け入れることが出来ない。

 

おそらく書類をごまかして在留許可を取ったのだろう。入管法的には違法行為だ(笑)。

 

しかし、会社自体は良い会社だったようでフィリピン人はここで学んだノウハウを生かしてカーエアコン修理業者を立ち上げたという。

日本での契約満了後は「カナダかオーストラリアへ再度出稼ぎ」という者が昔は多かったが、ここ2、3年は「母国でスモールビジネスをやりたい」という者が増えた。景気がよいのだから当然とも言える。


だが、成功するものはごくごく一部。面接で実習生候補者は「日本の技術を学びたい」「日本語の先生になりたい」など言うが、実際にはお金だけが目当て。金が最終目標である以上、ラクしてなるべく多く欲しい。

だから日本の文化なんか目に入っていない。大半の連中が残業代と上司の目を盗むことしか考えていない。ちなみにこの傾向はずる賢い中国やベトナム人に顕著である。

 

とはいえ、どこの国の人も基本は同じ。ラクして金は欲しい。

 

だから、3年間日本で実習を受けても、漫然と働いた大多数の者たちの帰国後は大変だ。カタコトの日本語ではビジネスに使えないので、結局最低賃金の仕事に逆戻りだ。元の黙阿弥。

贅沢を覚えて、社会復帰できなくなった者もいる。ベトナム人の元実習生で日本語検定N2を取った男がいたが、どこで働いても給料が10万円に届かないのでニートになった奴がいた。

N2といえば大学に留学できるレベルだ。日本に行けば倍以上の給料がもらえる事実を知ってしまい、現地給料で働く気力が出なくなってしまったのだ。あれから彼はどうしているのか…。

 

つくづく残念なのは、給料以外で日本の良いところに気がつく者が少ないことだ。

整理整頓や顧客に対する誠実さ、ハードワークの習慣を学び、フィリピンに導入すれば、どんな事業だってアドバンテージになる。

 

日本人の誠実さや真面目さとそこからくるサービスのレベルの高さこそ学んで欲しい。…と教えても遊びたい盛りの若い実習生の耳には入らない。

 

まあ私も若い時はこんな話には耳を傾けなかったから理解できるけど。